釣りバカが集まる大阪会・おかっぱりシーバス&チニング

釣り

大阪に来たからにはやっぱりやるでしょシーバス!!

何といっても大阪には西のシーバスレジェンドミヤケマンがいますからね。

普段からバイブレーションは三宅商店を使っていてつながりもあったので今回釣りを同行させて頂くことにしました。

シーバスは今かなり渋いよー!ということでチニングの準備もして下さって、気合十分-。

初めての場所、大阪で何とか一本上げてやると意気込んで挑みました。

ご一緒してくれたのはミヤケマン、まーくん、こうじゅさん、nomiさん、ちーちゃん。個人の詳しい紹介は下記に

最初はみんなでシーバスねらいに。ただ、風が強い!初めての場所で初めて一緒に釣りする人も多いので張り切ってたのにキャストが上手くできんできん。

そして何より『運河バチパターンでシーバスを狙う』とのことだったので東京では運河バチは去年結構行ったし、それを想像して行ってみたら…

バチがでかい!

東京の運河バチは私の行くところはそんなに大きくなく、ルアーの針に引っかかることはほぼないです。なので大阪でルアーにひっかかってきたバチを見て卒倒!

思ってたんとちがーーーーう!!

この時こうじゅさんは動画を撮り、nomiさんはライトで照らす素早いコンビプレー

場所が変わればそこに生息する生き物も変わる。当たり前のことだけど、私の大の苦手であるにょろにょろにてまずそのことを痛感させられたのでした。

結局ここでは全員がノーフィッシュに終わり、まーくんとちーちゃんはここで帰宅。

ミヤケマンとnomiさんとこうじゅさんと4人で移動してチニングをすることに。

チニングは私は初体験、何となくやってみたいとは思っていたけど、周りにやる人がいなかったので、やらずじまいでしたが、ここでしっかり教わることに。

最初、本当に根がかりばっかりで、そのたびにミヤケマンにはずしてもらい、あまりにも申し訳なく思ってると、ミヤケマンも優しいので俺根がかり外し検定3級だから大丈夫!と、さすが関西人、ボケながら励ましてくれました。

とは言えいつまでもレジェンドミヤケマンを根がかり外しマンと化してしまうわけにもいかないので、必死に根がからない方法を探る。

竿の角度、巻きスピード、など探るうちに、何とかレジェンドを根がかり外しマンから卒業させることができました。

最初は根係ばかりでこんなん釣りになるんかいなと思ったけど、慣れてきたころに大きなあたりが!

ごんごんごん!と、明らかに底ズルズルとは違う感触!この時は初めにおしえてもらっていたにも関わらず思わずあわててフッキングしてしまい、乗せることはできませんでした。

見てみたら、ワームだけ取られてたのでふむふむ、これがチヌのあたりかと、一歩成長。

その後みんなで粘って多少あたりはあるものの全員ノーキャッチで移動。

次の場所では全員が縦に並んで斜め前に打て行くスタイル。何よりも一番先頭が有利。その先頭を譲ってもらってひたすらキャスト。

結構奥に来たあたりで、

ん?これは明らかに底とは違う感触が竿を伝う。

さっきの場所での完全なあたりではないけど、どうも底の感触ではない。

同じ場所に向かって数投するも、二回に一回くらい、そのあたりがある。

いかんせんチヌ初体験なのであたりが分かりにくいから、首を傾げつつキャスト。

すると見事ヒーーーット!!

ゴンゴンゴン!と、鯛っぽい引き!

どうしよう!かかかかったけど、ちゃんとフッキングできてるのか不安。

それでも仲間が見守る中、根がかり外しマン改め三宅マンにタモ入れしてもらい、見事ゲット!

やりました!初大阪キビレ!!

釣った瞬間仲間全員が安堵の表情で安堵の言葉を連発。

写真撮影の際は、写真撮る人、とほかの人はライトで照らしてくれて、女優かってほど顔を白飛ばししてくれました。

キビレと女優ライトと私。

さてさてお次は同じく遠征組のこうじゅさんに先頭を行ってもらい、釣り再開。

ミヤケマンにこの先の木の向こう側もいいよ!と指さされたところはそこ通れるの?ってほど気が生い茂っていたけど、こうじゅさんはこの中へ。

私たちは気の手前側でキビレの余韻に浸りながら、少し理解してきたチニングについていろいろと教えてもらいながらひたすらキャスト。

その間ミヤケマンもnomiさんもあたりはあるも乗らず、『あたった!』『うーーーのらない!』『バレたーー』ときゃっきゃ言いながら引き続き釣りを続けました。

ほどなくして突然こうじゅさんがチヌを持って登場。私たちはぽかんとして、一瞬の時差後に歓喜!

誰にも気づかれずに見事にちゃんとゲットするところはさすが年間釣行数三桁余裕越え。

あまりにも勇ましくて、木の枝や草をかき分けて、チヌをフック近くで持って登場した姿は、狩りに出かけた野人が捕まえたウサギの耳を持って飢えた家族のもとにさっそうと現れたような、自信と後光にまとわれた英雄にすら見えました。

さすが三宅商店モニター。ちゃんと結果出します。

そんなこんなで遠征組の二人が無事釣ることができ、いや、地元組の二人に釣らせてもらって、次のポイントに移動。

次のポイントは相変わらずいいところに入れてもらうもあたりもなく、でも、いろんなポイントに行ってそこにあったやり方や、そして改めてキャストコントロールの大切さを学んで勉強になりました。

結局

このポイントを最後に引き上げたころには空も明るくなりつつ、そしてこの日の釣果は遠征組の2本で終わりましたが、

初めての場所で、
初めて一緒に釣りする仲間と、
初めての釣り方で、
初めての魚をゲットできて、本当に素敵な釣行になりました。

釣りをしていると、

一度一緒に釣りに行けばもう友達に。
夢中になって時間を忘れて朝まで釣りをしちゃえばもう親友。
一緒にほげればもう戦友。

そんなことを思います。

この機会をくれた仲間に本当感謝。

このキビレのことは、数少ない、一生忘れない釣果の一つになったと思います。

てか、キビレも鯛やん!私の鯛が釣れない呪い解けとるカモ!東京かえってまた鯛にも挑戦しますかね!なんだか釣れる気がする!待ってろよー!鯛ちゃん!

今回同行してくれた皆様

・ミヤケマン…西のシーバスレジェンドの一人 。ルアーメーカー『三宅商店』の社長。根がかり外し検定3級(自称)お酒大好きで、このブログを読んでくれても分かるようにレジェンドなのに私の根がかりをひたすら嫌な顔せず外してくれる優しい社長です。

・まーくん…『三宅商店』のプロスタッフ。根っからの関西人気質の持ち主で、いじりとウエルカム精神にたけている。

・こうじゅ…『三宅商店』のフィールドモニターで『diggrip』というオリジナルロッドのモニター。静岡民。年間釣行回数はやばいことになってるので機会あれば本人に聞いてみてください。心優しきゴリラ。

・nomi…みつあみ男子。年間釣行回数とピアスの数は数知れず。『zesta』『山豊』のテスター。週刊釣場でノミラボという連載も持ってるので、チェックしてみてください。

・ちーちゃん…私の友人の釣り女子。私よりもかなり若いのにししっかりしてて、いったいどっちがお姉さんかわからないような関係性なのは否めない。。。

私は普段、結構釣りには行っている方だと思うけど、行動範囲は関東プラス茨城と静岡くらいなので、改めて遠征の楽しさを知りました。また機会あったら大阪もそうだけど、いろんなところに行ってみたいな。

そんな大阪釣行でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました